それは

受講する側に

覚悟

が無いから。

バレエ団でメシ食える自信はないけど

憧れだけはあるから

大人バレエ入門

とかに

金はらっちゃう心境なんですね。

でもそれって

月が綺麗ですね

ってレベルであって

誰でも言える

誰でも想える

幼稚園レベルのお話。

月に行くためのロケットを作ろうとは

絶対に想わない。

スクールビジネスは

だから

入口で

甘いお菓子を

配るわけです。





で、気づいたときは

もう手遅れ。

もう50歳。

もう60歳。


そこからやるなら

血尿レベルでやるしかないのに。

それはやらない。

でも潔く夢を捨てることもできない。

しがみつく。

どうにかしてくれという。

わたしは打ち出の小槌じゃありませんよ。