本業はOL。
一般事務。
専門知識があるわけではない。
世間で言う中高年になっている。
年収は数百万の前半どまり。
生活は決して楽ではない。
働けるうちは働くしかない。
けど定年まで働けるかはわからない。
ひょっとしたらリストラされるかも知れない。
その後はどうするか具体的にはノーアイデア。
老後は少ない年金だけでは不安でしょうがない。


英語は好きでこれまで長年勉強してきた。
英検にTOEIC。
各種認定試験に検定試験。
考えてみれば総額にしたら大金をつぎ込んできた。

けれどそこからはリターンが無い。
語学で稼いでるわけでもない。

本業の給料の一部を毎月そこに回してきた。


これって「趣味」「道楽」です。
が、意識されてますか?

はっと思ったアナタ。
大丈夫?

いいんですよ。
趣味で囲碁将棋やってます。
趣味で大人バレエやってます。
そういう明確な位置づけがあるなら。

どんどん勉強してお金を使いましょう。
趣味ってそういうものだし。
勉強には終わりが無いですから。

でも人生には終わりがある。
人間はたかだか数十年しか生きられない。
勉強を死ぬまで続けるのもヨシ。

でもそれで老後が漕げますかね?
老後、あなたが散々貢いできた語学が
いきなり現金に化けるとか
都合の良いこと考えてませんか?

無い無い。アリエナイですよ。


DSC_0034