いまは会社員でとりあえず生活は回っている。
けれど高コストの都市部に住んでいるので
将来のための貯蓄や投資に回すお金は無い。

そういうしているうちに歳を食ってきて
会社からのプレッシャーもきつくなってきた。
年齢的にもそろそろリストラされそうだ。

年金は65歳支給開始から70歳支給開始になるだろう。
次は75歳支給開始だろうか。

じゃあ40代、50代でリストラされた後、
自分はどうやって老後を漕いでいけばいいのだろう。

特殊なスキルやそれだけで食べていける大型資格も持っていない。
実家が裕福で資産家でも無い。
じゃあどうするのだ。

そうだ。
在宅翻訳フリーランスになろう。
これだったら高コストの都市部から自然環境豊かな地方都市へ移住して
生活コストを下げつつQOLを爆上げして生きているのだ。

とりあえず英検・TOEICを勉強しよう。

え?
ちょっと待ってくださいよ。
その結果、どうなりますか?
英検準1級・1級+TOEIC高得点というだけで皆さん良い生活できてますか?
そんなことないですよ。
むしろ貧困に沈んでいる人が多い。

じゃあどうするの?

ここで講座で何度も言っている「出口戦略」が必要となってきます。
例えば3年後、在宅フリーランスになって年収幾ら稼げばいいのですか?
そのためには2年後にどうなっている必要があるのですか?
そしてそのためには1年後にはどこまで到達している必要があるのでしょうか?
ここを考えない人が多すぎです。
そして貧困老人になります。

眼も悪くなり、体力も低下し、もうやる気も起きない。
再起不能となるのです。

体力があるうちに頑張りましょう。

難しい?
できそうもない?

それってどの分野に行っても同じですよ。

誰にでも簡単にできて儲かる仕事?
若いウチなら若さや美貌を切り売りすればなんとかなりますが、
中高年以降は難しいのでは?

専門知識が必要で、年単位の努力が必要で、
長期間安定的に稼げる仕事に就くためには
長い長い助走期間が必要となります。

その助走期間を併走して、迷走しないようにガイドするのが本講座です。

頑張れる余力があるうちにどうぞ。

ある年齢、ある状態に到達したら
もはや身動きはできなくなります。

パートナーが鬱になって、リストラされた。
親の介護で時間が取られる。
仕事が無い田舎に戻らないといけない。
会社をクビになった。

あらゆるところに地雷原が潜んでいるのが
いまの日本です。

少子高齢化で年金が劣化し社会負担だけが増える。
退職金が無くなり、消費税だけが上がる。

若い女性なら大久保病院周辺でたちんぼ(売春)したり
海外へ出稼ぎ売春するしかないです。
歳食ってしまったら生活保護でしょうね。

あなたの人生です。
一度しかない人生です。

さあ、どうしますか?

DSC_0034