松尾鉱山は華やかな繁栄を謳歌した一方で、創業期から鉱毒水による公害問題を抱え続けてきた鉱山でもあったのだ。毎分24トンの強酸性水は、今この瞬間も北上川の支流に流れ続けており、その処理のために、国や自治体が年間5億円の費用を投じている。この事業は、今後も半永久的に継続が必要とされる。楽園の強い光が覆い隠していた負の側面は、今もなお消えない現実として続いているのだ。

 かつて八幡平中腹の高地には、人の世の移り変わりとともに生まれ、それこそまさに雲の上にでも建っていたかのように呆気なく消えた「雲上の楽園」があった。









何時までも同じビジネスモデルで同じように稼ぎ続けることはできない。

昔は稼げたのに最近は稼げなくなった。

依頼案件が減った。

レートが下がった。

年収が半分になった。

20−30年前から翻訳業を続けてきた人に多いパターンです。

同じやり方で年金支給開始年齢までやれるとは思わないことです。


自動車業界も例外ではありません。

新卒でトヨタに就職して天下取ったみたいなことを言っている人がいますが
さてどうでしょうね。