それなりに便利な地方都市前提で
移住先候補として考えたのは

福岡、広島、岡山、神戸、富山、仙台、札幌あたり。

札幌は3年半近く住んだし広島は住んだことがある。
冬が厳しい場所から南へ移動したい。


ということで
次は福岡へ。

九州観光の起点にする予定です。

札幌の拠点を残す手もあったのですが
それだと福岡起点の旅行に時間がかかりすぎるので
いったん札幌は引き払って
福岡での生活3年程度で今後の生活拠点を見直して
東京の自宅を売るのか残すのかを決めようということに。

当面は福岡に集中することにしました。

札幌には4年を目安に戻ってくる予定ですが
それが賃貸なのか物件購入なのかを判断するためには
福岡を拠点として残すかどうか、
残すとして賃貸をそのまま契約延長するのか
東京の自宅を売って福岡の物件を購入するか
それとも札幌の物件を買うか...を決めなければいけません。

老いてくれば、どこで死ぬかを考える必要があるのです。

最終的には3拠点生活は難しいので
2拠点に絞る予定ですが、
それが札幌+福岡なのか、札幌+東京なのか
あるいは第三の都市が候補になるのかは
今のところは見通せないです。
またそれでいいと思っています。






翻訳業は好きな場所で好きなように生きて行くための武器になります。
講座では翻訳業はそのためのファーストステップに過ぎないと言っています。

そのためにも期限を決めて逆算して集中的に行動して
それなりの年収まで立ち上げることが大切です。

本講座はそういうコンセプトで十数年運営してきました。
他のスクールとは全く違いますのでご注意ください。

プロになってもらいますので厳しいです。
容赦しませんから。


目先のMTPEにしがみついて
低レートで人生浪費させちゃもったいない。

翻訳業は夢を実現させるための「手段」にすぎません。

手段に人生を吸い取られないように
気を付けましょう。





札幌は素晴らしい公園が幾つもある素敵な移住先です。
冬が厳しいのが難点です。
その間の住居が北海道以外に欲しいと思っています。

いまはそれが東京の自宅ですが、
コロナ騒ぎだし、電車で無敵の人が出てくるし、
人多すぎでモノが高いし。
仕事と消費の街です。

そこに必要性がないなら無理して住む魅力はかすれます。


506A0065


3D4A6022


3D4A5984