日本は人口シュリンクの中で
全国どこに住んでも同じ
似たような公共サービスを受けることが
ほぼ不可能になっています。

水道管破裂もそうですが、
水害で鉄道が失われ、
道路が寸断され、
土地が流されてしまう
災害多発時代・インフラ老朽化時代です。

国家財政が破綻しつつあるこの国で
高度経済成長のような全国一律サービス提供は
期待できなくなっています。

つまり、住む場所についてQOLが大きく異なる
ということです。


便利な場所から便利な場所へと移動できるためには
場所に依存しない仕事確保が必要です。

それが何なのか。

これまでの職歴を振り返って
この次はどうするのか。
どこで何をして暮らすのか。

大きな成長エンジンも持たない日本。
資源大国にもなれない日本。

そこで何を売りにして食べていくのか。

一度考えましょう。






DSC_0006