現在のところ未定ではありますが
講座第14期は2023年4月1日スタート予定です。

一定の条件付きではありますが、
受講期間を無制限にして
サポートはベストエフォート(わたしが死んだらそれまで)
Skype・Zoomも無制限
掲示板も使い放題
ビデオも大量投入
受講生には生存確認も含めて定期的にレポート提出を義務づける
コースは最上位の1つだけ
受講にあたっての提出はマスト
受講にあたってをベースにして
わたしとの対談音声を公開することを条件にして大幅値引き予定
プロになって稼いで卒業するまでサポート(本人が脱走しない限り)
ブログをやる(アフィリもやる)
返金はしない
翻訳業を再発見すべくいわゆる翻訳力を超えたスキルも伝授
受け身で情弱な夢子はシャットアウト(入れない)

などなどを想定しております。

毎年数十人を限度にエースを育成する講座にします。



なお、サイボウズのパッケージ版のサポートが無くなる以前に
現在使っている業者のクラウド(Linux)上での運用サポートが
2023年9月に打ち切られるようなので
2023年4月以降はシステムを入れ替える可能性が高いです。

どうするかは今年の11月までには決めます。

第14期及び講座運用システムについての状況は随時掲示板なりココで連絡します。
また現在受講中の方は移行時に手続きしていただく必要があるかも知れません。

いまのシステムが使えなくなるので、いまの掲示板が使えているうちに
新しいシステムに移行しないと取り残される(いきなりコンテンツがアクセス不可)
可能性が高いので受講生は十分注意願います。

なお、システム移行にあたって受講生側に追加費用負担が生じないよう努力します。


厳しくなる翻訳業界で稼ぎ続けるためには「翻訳業を再発明」する必要があります。

ひと言でいうと自分でビジネスを持つ、小さくてもいいからビジネスオーナーに
なるしかないってことです。

詳しくは講座内でお話します。

主婦がお小遣い稼ぎできればいい、家計の足しになればいいとかいう発想は捨てること。
そういう発想の女性は生きていけない日本になりつつあります。ま、男性もだけど。

大企業の社員も油断していると大変ですよ。
ところてんで権限と給料だけが膨張してしまうと
早期定年、管理職定年で「こんなはずじゃなかった!」となります。
必ずそうなります。

毎月20万の厚生年金で食べていけると思うなよ!!

3D4A5593