講座受講理由

文系の大学を卒業して、金融関連の会社で仕事をしてきた50代です。これまで転勤で国内の様々な場所で働き生活してきましたが、自分の意思でそうしてきたのではなく、会社の業務命令でそうなっただけのことで、これからは自分の意思で生きていきたいと思ったのが翻訳を選択した理由です。

会社員をしていると漫然と働いているだけで給料が振り込まれますが、それは自分の実力で稼いだものではなく、会社に所属していることで得られているといった感覚です。

また、今後の先行きはいつ早期退職することになるとも限らず、生きていく今後数十年を考えると自分の力で何とか稼ぐ力を身に付けたいと考えたのが本講座の受講動機です。

英語の勉強に関しては、大学時代の夏休みにイギリスに語学留学をしました。これは勉強というよりもほとんど旅行の延長のようなものでした。その後、会社が提供する英会話クラスを受けたり、TOEICを受験したりして、一定のレベルになり海外部門の仕事をすることとなりました。海外出張のために、特に英会話とリスニングに力を入れ、単発の通訳のオンライン講座を取ったりしました。

今回の受講にあたり、動画プレゼントの動画を見て、化学も物理もテキストを自分で読んだ時よりも特許翻訳にどのように繋がっていて、どのように知らないことに対して自分で調査していくことができるかがわかりました。内容はテキストよりずっと深く、面白いものであり、これは受講する価値があるものと確信しました。

今後は1年半後にはトライアルを受けて合格する実力が付くように平日の早朝と土日祝日を使って学習を続け、年間1,500時間は講座で勉強する予定です。


3D4A5559



講座ビデオでも言っていますが、会社員でそこそこ稼いでいる人は「絶対に」会社を辞めてはいけません。会社が喜ぶだけです。時間確保できるから有利だと思っているかも知れませんが、毎日15時間、起きている間ずっと勉強できる人なんて100人に1人もいません。どうせだらけてしまって7時間ぐらいしか勉強しません。だったら会社員続けながら時間を捻出するほうが絶対にいいです。翻訳業を生業にするにはそれなりの投資が必要です。PC本体に周辺機器、書籍や辞書、机や照明器具など。安定収入があったほうが有利です。どうしても退職したいという人は、事前に私のコンサルを受けてください。勝算があるかどうかを事前に見積もる必要がありますから。