(原文)

The Stena Stent, Multilayer Flow-guided device is indicated for the endovascular treatment of patients with an intact intracranial aneurysm or pseudoaneurysm (saccular, fusiform, dissection) and morphology suitable for endovascular repair. It can be used as a single device to reconstruct the common artery.

The conduction system consists of a hydrophilic reinforced conduction wire with a radiopaque atraumatic distal end. It is positioned between 2 markers, distal and proximal.

It can treat unruptured intracranial aneurysms or pseudoaneurysms such as saccular, fusiform and dissection.

Thanks to its multi-layered braided structure, it transforms turbulence into lamination.

The meshwork of the stent influences the hemodynamics of flow in the aneurysm.

As the density of the stent in the mesh increases, the eddy current in the aneurysm decreases.

It accelerates endothelialization with its high density and low pore diameter.
TABILIZATION OF ANEURYSM

- REGULATED THROMBUS

- SIDE BRANCH SPACE

- ENDOTELIZATION

It has a unique structure and flexibility that allows optimum navigation with its nitinol structure:

- High flexibility and conformity

- Visible on MRI

- Hemo compatible surface

- Visible on X-ray

- 3D interlocking braided design

DELIVERY SYSTEM FEATURES:

- Easy Distribution

- Hydrophilic distribution wire

- Recapture system

- Atraumatic radiopaque distal helix

MICROCATHETER SYSTEM FEATURES:

- Special hydrophilic microcatheter

- Internal hydrophilic micro-catheter provided

(自動翻訳されたもの)

Stena Stent, Multilayer Flow-guided deviceは、無傷の頭蓋内動脈瘤または偽動脈瘤(嚢状、房状、解離)があり、血管内修復に適した形態を持つ患者の血管内治療を適応としています。総動脈を再建するための単一のデバイスとして使用することができます。

伝導システムは、親水性の補強された伝導ワイヤーで構成されており、遠位端にはX線不透過性のアトラクティブがある。遠位部と近位部の2つのマーカーの間に配置されている。

未破裂の頭蓋内動脈瘤や、嚢状、房状、解離などの偽動脈瘤を治療することができます。

多層の編み込み構造により、乱流を層状に変換します。

ステントのメッシュワークは、動脈瘤内の流れの血行動態に影響を与えます。

メッシュ内のステントの密度が高くなると、動脈瘤内の渦電流が減少します。

高密度で孔径の小さいステントは内皮化を促進します。
動脈瘤のタビリゼーション

- 規制された血栓

- 側枝空間

- エンドテリトリー化

ニチノール構造のユニークな構造と柔軟性で、最適なナビゲーションを実現します。

- 高い柔軟性と適合性

- MRIで可視化

- ヒモ付きの表面

- X線で見える

- 3Dインターロッキングブレーデッドデザイン

デリバリーシステムの特徴

- イージー・ディストリビューション

- 親水性のディストリビューションワイヤー

- リキャプチャーシステム

- 外傷性X線不透過性遠位ヘリックス

マイクロカテーテルシステムの特徴

- 特殊な親水性マイクロカテーテル

- 内臓親水性マイクロカテーテル提供


出典:https://www.medicalexpo.com/ja/prod/invamed/product-304886-1030211.html



わたしはこれを見たときに
数秒であれれと思った箇所があるのですが
気づきましたか?

上記英文と日本語文を何度も読み直す時間はありませんよ。

通常、MTPEは低レートなので。

一読してあれれと気づく必要があります。

それも短時間で気づかないとダメ。


こういう気づきが秒でできないと
MTPEで稼ぐことはできないのです。

気づきと修正を短時間でやらないと
量はこなせないですよ。

低レートなんだから、量で勝負の仕事です。

で、量をこなせるようになるにはどうしたらいいか?

スクールで教えてもらってますか?

そもそも講師がMTPEで稼げている人なんでしょうか?

わたしがもしMTPEで稼げているのなら
忙しくて忙しくて
スクールの講師やってる暇はないと思うんですが
どう思いますか?


3D4A4070



今回は英文が213ワード(ワードでのカウント)ですので
もし1ワード5円なら1000円ですね。

1時間で処理できれば時給が1000円
年間2000時間、このペースで処理できて
年収200万です。

30分でやれれば年収400万円。
15分でやれれば年収800万円。

実際にやってみれば分かりますが、かなりの重労働ですよ。

もし、レートが半分の2.5円なら
上記金額が半分になります。

かなりメンタル削られますよ。
大丈夫でしょうか?


そんなことをするために何年もスクールに通って
受講料払ってPCや周辺機器に投資するぐらいなら

イオンのパートに出て、
キャベツ並べるか、
サバの頭を落として内臓取り出すバックヤードの仕事を
わたしなら選びますけどね。