厚生労働省は1日、3月の毎月勤労統計調査(速報)を発表した。労働者1人当たりの平均賃金を示す「現金給与総額」は27万5746円で、前年同月比0・6%減と2か月連続で減少した。


何もせず

ただ時間が過ぎていくだけなら

手に入る現金が

どんどん減っていくのは

自然の摂理。


レートダウンで苦しむ翻訳者が増えていくのは

このブログでも

かなり前から

予言していたはず。


なのに

あなたは

行動しなかった。


だから

予定された

今日が

訪れたわけだ。