IoTセンサデバイスおよびクラウドサービス開発企業のスカイディスクは、機械学習を活用したAI分析サービス「SkyAI」の提供を開始した。SkyAIは、あらゆるセンサーで収集したデータからAI学習モデルを生成し、正常異常判定や予測などの結果をわかりやすく表示させるもの。まず既存のデータやセンサーデバイスで収集した時系列データを生データとして用意して、整形プログラム(フーリエ変換やZ変換)によってAI用学習データである整形データに変換する。その後パラメーターのチューニングやデータの見直しを行ってAI実運用モデルを完成させ、そして新しいデータを入力していくことで、正常異常判定や予測などの結果が得られるようになる仕組みだ。SkyAIは電力共有施設などですでに活用されているという。


トヨタがIT技術者をかき集めて

自動運転技術の開発を急いでいる。

AIが深化する中、

特許の傾向変化に対応するためにも

数学は必須になりつつある。


法律と数学か。

なかなか楽ができそうにない。w





特許翻訳者も生き残りを意識しないと大変かもね。