【レバレッジ特許翻訳講座】 イメージ画像
講座案内はメルマガ登録後に指定場所からダウンロードしてください。
メルマガ登録するとサンプル視聴・無料ステップメール講座購読も可能となります。
http://leveragecore.xsrv.jp/cyfons/formadd/?group_id=1
無料ビデオ300本無料プレゼントも継続中です。
https://jp.surveymonkey.com/r/2R2T3CF

更新情報

他人の成功・体験には敏感だけど 自分の行動には鈍感な人たち。 後付けなら 誰だって なんとでも言える。 裏山に逃げれば良かった、と。 じゃあ、お前できたのかい、と。 できはしないんだよ、言っている奴に限って。 おサルさんのときもそうだった。 藪
『大川小学校の教訓』の画像

AIの恩恵は 貧乏人には 降ってこない。 せいぜい システムが創り出す 仮想空間で 美女とのセックスを楽しむ程度。 それも 給料の15%までと 銀行団により決められている。 セックス依存症になった 会社員は もっと昇給させないと 仮想空間でのガス抜きも
『AIな未来』の画像

コミュニティビジネス 高額塾 の鬱陶しさが あって どうも 鉄華団 には ついていけないんですけど。w 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ・第48話まで (アマゾンプライムにて) どうやら イケメンが 49話で死んじゃうみたいですね。 個人的には
『火星の王』の画像

酪農とか コンビニ店長とか まあ 止めとけ ってなるけど デジタル+マイクロ起業なら 何の問題もない。 前回 死んだ(失敗した)ところから またリブートすればいいだけ。 経験値が上がるだけだから どんどん失敗しなくなる。 なんでやらないのかね。
『All You Need is Kill』の画像

セルフイメージから 入ろう。 最近 ホント マズイよ。 マシュマロ体系に変化しつつある。 俺はまゆになるのか。 伊藤潤二の世界だ。
『運動不足』の画像

結果が出ないと すぐに教材が悪いという。 そういう人から見ると 全てが詐欺商材となる。 結果が出ている人からすると ま、そういう稼ぎ方もあるかもね。 となる。 同じものを見ているけど どうしてこうなるのか。 結果が出ている人が どんな教材を使っても結果
『詐欺商材』の画像

みんなが笑顔で 素敵に暮らせる社会。 そんなものはありません。 NHKぐらいですよ。 そんな番組やって 食べていけるのは。 過労死だって無くならない。 だって、同じ給料で 死ぬ手前まで働かせたい っていうのが資本の論理だから。 自分が金持ちで ある
『理想の社会』の画像

人を自在に操る 悪魔の力 それは 心理学。 労務屋のテクニックを 全部見せてもらったことかな。 あ、感謝はしませんよ。w 講座案内では 封印してます。 おかしな人が 入ってきちゃうので。
『僕がブラック企業で学んだこと』の画像

特許制度の勉強を加速する 一番の方法は 自分で出願すること。 できれば 自分で発明して 特許を取る。 全プロセスが 一気に頭に入ります。 ついでに海外出願もすればよろし。 あ、ぺらぺらとアイデアをしゃべっちゃダメよ。w https://www.hatsumei.or.jp/idea/h
『主婦発明』の画像

最後はNHKお得意の みんなで 社会全体で 考えましょう っていう 青年の主張 で終わってましたけど 正直 労働力にならない 社会負担だけ増える お年寄りが増えたら 若者がどう考えるかだ。 高度経済成長で 良い思いしやがって 年金もらって 長生きしや
『年寄りが増えすぎた』の画像

すでに 140名が ビデオ300本無料プレゼントで 勉強を開始されています。 春は プレゼント応募者が増える時期。 仕切り直しをするなら 今です。 1年で稼ぐ体質に変えることです。 人生の悩みは その先のお楽しみに 取っておきましょう。 変えら
『リブートする春』の画像

認定や資格にはまる女子。 新しい規格によって認めてもらいたい女子。 なんでだろう、って思っていたんだけど これってスピリチュアルビジネスなんだね。 自己肯定感の欠如と 承認欲求。 振り返って気づく 虐待された過去。 心の傷を 認定で見えなくする。 パ
『英語女子のスピリチュアル』の画像

ストーリーはシンプル。 サバイバルですなあ。。 グリズリーは レンタルだと分かっていても 緊張しちゃいました。w (アマゾンプライムにて)
『レヴェナント:蘇えりし者』の画像

伝える力 説明する力 マーケティング ブランディング ポジショニング コピーライティング ITスキル など 女性の起業は 前提条件無視で とにかくやりたいっていう人が多いから マネタイズに到達するまでに 力尽きてしまうケースが多いように思う。
『前提条件』の画像

↑このページのトップヘ